本部・支部イベント情報




RSS

Ringworld

本部(首都圏) >>

2017年3月22日(水) IDE高等教育研究フォーラム「人口減と大学」 −IDE大学協会・千葉大学 共催− 

by IDE事務局

 18歳人口は2023年には110万人を割り込み、就学率が不変なら今から10年弱で入学者数が1割減少することになります。この中で日本の大学をめぐる環境はどう変わるのか、またその中で大学はどのように行動すべきか。このフォーラムではマクロ的な観点から、大学のおかれた状況と課題を概観するとともに、特に私立大学の経営への影響、また最近の私立大学の入学定員、授業料の動向について調査、データを踏まえて発表いただき、議論します。


話題提供 :
       「人口減と大学の課題」     金子 元久 (筑波大学特命教授)
       「人口減と私立大学の経営」   西井 泰彦 (私学高等教育研究所 主幹)
       「入学定員・授業料の動向」   根岸 佳代 (朝日新聞社教育総合本部)
                       久保 智子 (河合塾教育企画開発部)


会  場: 一橋大学一橋講堂(学術総合センター内) 2階会議室
     (東京都千代田区一ツ橋2-1-2)



参 加 費: 1,000円 
     ※IDE個人会員(維持・学生)千葉大学教職員は無料
      参加費は当日会場受付にてお支払ください。


お申込み:※受付は終了しました。(2017/3/20付)


問合せ先: IDE大学協会 
       〒105-0004東京都港区新橋4-25-4 TEL03-3431-6822 



企画書、MAPは以下よりダウンロードしていただけます(PDF)


添付ファイル 添付ファイル



【終了】2016年3月26日(土) IDE高等教育研究フォーラム「教育中心の大学組織」 −IDE大学協会・千葉大学 共催− 

by IDE事務局

※2016/3/25(金)14:30をもちまして、メールでの受付を終了いたします。
      残席はございますので、当日受付までお越しください。


 大学教育の質的充実にむけて,これまで教育理念や授業技術などが議論されてきました。しかし,さらに突き詰めれば問題は,教育の骨格となる大学組織自体のあり方にあります。質の高い教育をするために,これまでの組織のどこに問題があるのか,どのような組織が必要なのか,それには既存の組織をどう組み替えるのか。先進的な取り組みを行ってきた二つの大学の事例を紹介していただき,さらに議論を深めます。

話題提供 :
       「大学組織と教育組織」     金子 元久 (筑波大学特命教授)
       「京都工芸繊維大学の組織改革」 古山 正雄 (京都工芸繊維大学長)
       「札幌大学の組織改革」     山田 玲良 (札幌大学副学長)


会  場: 一橋大学一橋講堂(学術総合センター内) 2階会議室
     (東京都千代田区一ツ橋2-1-2)



参 加 費: 1,000円 
     ※IDE個人会員(維持・学生)千葉大学教職員は無料
      参加費は当日会場受付にてお支払ください。


申込み:※2016/3/25(金)14:30をもちまして、メールでの受付を終了いたします。
      残席はございますので、当日受付までお越しください。


問合せ先: IDE大学協会 
       〒105-0004東京都港区新橋4-25-4 TEL03-3431-6822 



企画書、MAPは以下よりダウンロードしていただけます(PDF)


添付ファイル 添付ファイル



【終了】2013年3月21日(木)開催 IDE高等教育研究フォーラム 「内からの大学教育改革」 −IDE大学協会・千葉大学 主催−

by IDE事務局

中教審答申『新たな未来を築くための大学教育の質的転換にむけて』を契機として、本格的な学士課程教育への動きが加速しようとしています。
しかしそれには大学の内部での、教育の組織の変革と、教員の教育への考え方の問い直しが不可欠の条件となります。大学の中から改革の動きをどう作っていくのか、その方向をいくつかの大学の経験と国際的な動向をふまえつつ展望します。

「大学教育改革への道すじ」 金子 元久  (筑波大学大学研究センター教授)
「大学教育改革のための全学メカニズム」 濱口 哲  (新潟大学副学長)
「学内センター・大学連携の役割」 小林 直人 (愛媛大学教授、教育企画室長)
司 会 : 天野 郁夫  (東京大学名誉教授)

日時: 2013年3月21日(木)13:30〜16:30受付:13:00〜
場所: 一橋講堂2階 中会議室 東京都千代田区一ツ橋2−1−2
    ※「学術総合センター」から「一橋講堂」へ名称が変更されました。住所は同じです。

参加費:IDE個人会員(維持・学生)および千葉大学教職員 ・・・・ 無料
※機関会員・組織での維持会員は対象外となりますので、ご了承ください。
一 般  ・・・・  1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

申込方法:※メールでのお申込は3/19(火)15時をもって終了いたしました。
      お席に余裕がございますので、以降のお申し込みの方は直接会場へお越しください。
      また、受付にてお申し出ください。

■ポスター ダウンロード(PDF)
添付ファイル 添付ファイル



■【終了しました】 国際シンポジウム「日英高等教育改革の動向」 同時通訳付き

by IDE事務局

主催: 東京大学大学総合教育研究センター デ・モントフォート大学

後援: 日本高等教育学会 文教協会

協賛: 日本教育社会学会 IDE大学協会

日時: 2012年4月25日(水)13:00〜17:05

場所: 東京大学一条ホール

参加費:無料
ご案内:PDFファイルをダウンロードしていただけます。

プログラム:PDFファイルをダウンロードしていただけます。

申し込み&問合せ:アドレス  forum@he.u-tokyo.ac.jp



■【終了しました】 IDE高等教育研究フォーラム 「大学教育のアウトカム評価-国際的趨勢と日本の課題」 −IDE大学協会・千葉大学・国立教育政策研究所 共催− 

by IDE事務局

大学教育の質的改革はいま最大の課題です。それに応じて、大学教育の成果(アウトカム)を測定しようとする動きも目立ってきました。すでにアメリカではそうした動きが具体化し、OECDでは「AHELOプロジェクト」の試行が進んでいます。大学教育の何を、どう評価するのか、それはどの程度可能なのか。そうした点を、AHELO専門家会議を機会に来日された専門家と、日本の参加者のお話をもとに考えます。

(話題提供)
   「大学教育のアウトカム評価−動向と問題点」 金子 元久  (国立大学財務・経営センター)
   「アメリカの大学教育評価と大学改革」通訳つき P.Ewell  (全米大学経営センター)
   「AHELOプロジェクトの現段階」通訳つき H. Coates (ACER:オーストラリア教育研究審議会 調査部長)
「AHELOの工学分野アウトカム評価試行に参加して」 岸本 喜久雄 (東京工業大学)
   司 会 : 深堀 聡子  (国立教育政策研究所)
日時: 2012年2月22日(水)13:00〜16:00 受付:12:30〜
場所: 学術総合センター 2階会議室
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2−1−2
参加費:
IDE個人会員(維持・学生)および千葉大学教職員 ・・・・ 無料
※機関会員・組織での維持会員は対象外となりますので、ご了承ください。
一 般  ・・・・  1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

会場アクセス: PDFファイルをダウンロードしていただけます。
申込方法:
※2/20 16:30をもって締め切らせていただきました。
まだ席に余裕がございますので、直接会場へお越しいただき、受付にて
お申し出ください。

問合せアドレス: ide201202@ide-web.net



■【終了しました】 第7回 IDE誌特集を深める会 「体験型学習の可能性」 −IDE大学協会 ・ 桜美林大学 共催− 

by IDE事務局

 第7回 IDE誌特集を深める会は、2011年5月号「体験型学習の可能性」をテーマに開催いたします。教育・学習改革の中で、これまでの実習イメージを超えた多様な体験型学習が出現し、その重要性が増すとともに課題も生まれてきています。特集執筆の諸先生方のお話と、ご参加の皆様とのディスカッションを通じて、この問題を掘り下げていただければと思います。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

(講演予定)
   「体験型学習の意義と課題」 井下 理  (慶應義塾大学)
   「『海外体験学習』」の組織的実践−JOELN 和栗 百恵  (福岡女子大学)
   「体験型基礎教育『SEED』モデル−東京農工大学」 三沢 和彦 (東京農工大学大学院)
   司 会 : 舘 昭   (桜美林大学)
日時: 2011年7月23日(土)13:30〜16:30 受付:13:00〜
場所: 桜美林大学 四谷キャンパス

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21
参加費:

IDE個人会員(維持・学生)および桜美林大学教職員・学生 ・・・・ 無料

※機関会員・組織での維持会員は対象外となりますので、ご了承ください。

一 般  ・・・・  1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

会場アクセス: PDFファイルをダウンロードしていただけます。
定員: 80名(先着順)
申込方法:

※定員になり次第締め切らせていただきます。



件名: 「7/23深める会参加申込」として本文には(1)〜(6)を明記の上、Eメールでお申込ください。

(1)氏名  (2)氏名カナ  (3)所属機関名  (4)所属部署・役職等(学生の方は学年)

(5)メールアドレス  (6)個人会員の方は、会員資格・・・「維持」もしくは「学生」、個人会員以外の方は、「一般」



申込先アドレス: ide201107@ide-web.net





■【終了しました】 第6回 IDE誌特集を深める会 「プロとしての大学職員」 −IDE大学協会 ・ 桜美林大学 共催−

by IDE事務局

 第6回 IDE誌特集を深める会は、2010年8-9月号「プロとしての大学職員」をテーマに開催いたします。大学職員の意識、力量、活動が、大学経営・運営を左右する重要な要素であることは、広く認識されるようになりましたが、プロフェッショナルとしての職員の位置づけや、職員のキャリア・パスの構築等、そのための条件設備は大きく立ち遅れています。この重要課題について、特集筆者の諸先生のお話と、ご参加の皆様とのディスカッションを通じてこの問題を掘り下げていただければと思います。ぜひご参加ください。

(講演予定)
   「大学職員への期待」 柴田 洋三郎  (大学入試センター)
   「大学の事務組織と職員」 大工原 孝    (日本大学)
   「『行動シナリオ』と職員養成の課題・東京大学」 鈴木 敏之 (東京大学)
   司 会 : 舘 昭   (桜美林大学)
日時: 2010年9月18日(土)13:00〜16:00 受付:12:30〜
場所: 桜美林大学 四谷キャンパス

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21
参加費:

IDE個人会員(維持・学生)および桜美林大学教職員・学生 ・・・・ 無料

※機関会員・組織での維持会員は対象外となりますので、ご了承ください。

一 般  ・・・・  1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

会場アクセス: PDFファイルをダウンロードしていただけます。
定員: 80名(先着順)
申込締切: 定員につき締め切らせていただきました。(2010/9/9)




■【終了しました】 IDE高等教育フォーラム「学習させる大学」 −IDE大学協会 ・ 千葉大学 ・ 東京大学大学経営政策研究センター 主催−

by IDE事務局

 2010年代は大学教育の質的向上にむけての具体的な行動の時代です。そのキーワードを「学習させる大学」とするとすれば、それは大学教育の理念や方法のどのような変化を意味するのか。そうした方向への改革を進めるのに、大学の執行部と個々の大学教員はそれぞれどのような役割を負うのか。そして行政はどうこれをサポートしていくのか。これからの10年を展望する議論の場にご参加ください。

(講演予定)
   「学習させる大学」 金子 元久  (東京大学教授)
   「学習させる大学の構築−大学執行部と教師の役割」 井下 理    (慶應義塾大学教授)
   「学士課程教育の質的向上と高等教育政策」 小松 親次郎 (文部科学省大臣官房審議官)
   司 会 : 天野 郁夫   (東京大学名誉教授)
日時: 2010年3月9日(火)13:00〜16:00 受付:12:30〜
場所: 学術総合センター 一橋記念講堂

〒101-0003 東京都千代田区一橋2-1-2
参加費:

IDE個人会員(維持・学生)および千葉大学教職員 ・・・・ 無料

※機関会員・組織での維持会員は対象外となりますので、ご了承ください。

一 般  ・・・・  1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

会場アクセス: PDFファイルをダウンロードしていただけます。




■【終了しました】 第5回 IDE誌特集を深める会 「学習させる」大学 −IDE大学協会 ・ 桜美林大学 共催− 

by IDE事務局

 IDE誌特集を深める会「『学習させる』大学」を開催いたします。欧米の大学では、ティーチングとラーニングをセットで考えることが一般的ですが、日本ではティーチングに関心が向けられがちでした。大学の教育力の強化のためには、学生からの視点が欠かせません。学生の学習を促すために大学は何をなすべきか、特集執筆の諸先生にお話いただき、ご参加の皆様とのディスカッションを通じてこの問題を掘り下げていただければと思います。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

(話題提供者予定)
   「最近学生学習事情」 岩見 和彦  (関西大学)
   「授業実践と学習行動」 浦田 広朗 (名城大学)
   「学習させる授業と『2つの文化』」 小笠原 正明 (筑波大学)
   司 会 : 舘  昭   (桜美林大学)
日時: 2009年11月21日(土)13:00〜16:00 受付:12:30〜
場所: 桜美林大学大学院 四谷キャンパス B1F

〒160-0004 東京都新宿区四谷1−21 
参加費:

IDE個人会員(維持・通常・学生)および桜美林大学教職員・学生 ・・・・ 無料

※機関会員・組織での維持会員は対象外となりますので、ご了承ください。

一 般  ・・・・  1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

定員: 80名(先着順)




■【終了しました】  第4回 IDE誌特集を深める会 「就職危機再来への戦略」 −IDE大学協会 ・ 桜美林大学 共催−

by IDE事務局

 IDE誌特集を深める会「就職危機再来への戦略」を開催いたします。米国のサブプライム・ローンの破綻に端を発した世界的な経済混乱は、各種産業の業績を急速に悪化させ、大学新卒者の就職環境を一変させました。「IDE現代の高等教育」では、この問題への対応の参考にしていただく意味を込めて、4月号の特集テーマを「就職危機再来」とし、第一線で就職危機に取り組んでおられる先生方から、問題の解明とこれからの戦略について示唆に富むご寄稿をいただきました。今回は、この特集を取り上げ、四人の先生にこの内容を掘り下げていただき、参加者との対話を通じた深みのある会にしたいと思います。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

(話題提供者予定)
   「正課と正課外を組み合わせた就職支援」 犬飼 斉  (名城大学)
   「『就職の明治』として手作りの支援」 中西 晶  (明治大学)
   「就職危機の再来と大学の経営戦略」 角方 正幸 (前リクルート・ワークス研究所)
  「"就職氷河期"が残したもの」 加藤 毅  (筑波大学)
  司   会: 大江 淳良 (ユニバーシティ・アクティブ)
   総合司会: 舘  昭   (桜美林大学)
日時: 2009年4月25日(土)13:30〜16:30 受付:13:00〜
場所: 桜美林大学大学院 四谷キャンパス B1F

〒160-0004 東京都新宿区四谷1−21 
参加費:

IDE個人会員(維持・通常・学生)および桜美林大学教職員・学生 ・・・・ 無料

※機関会員・組織での維持会員は対象外となりますので、ご了承ください。

一 般  ・・・・  1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

定員: 80名(先着順)
申込方法:

メールにて件名「4/25深める会申込」として、本文に以下(1)〜(6)を明記の上、Eメールでお申込み下さい。

(1)氏名

(2)氏名カナ

(3)所属機関

(4)所属部署・役職(学生の方は学年)

(5)メールアドレス

(6)個人会員の方は区分・・・「維持」「学生」、個人会員以外の方は「一般」

申込締切: 2009年4月21日(火)中 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。




>>