本部・支部イベント情報




RSS

Ringworld

九州支部

平成29年度IDE大学セミナー「大学のグローバルな高大接続戦略−海外からいかに優秀な人材を受け入れるか」

by IDE事務局

1.趣 旨: 大学教育に関心を有する国公私立大学等の教職員を主な対象としてセミナーを
  開催し、当面する諸課題について情報共有及び検討を行い、各機関において教育・学生指導の
  改善・充実を図る。

2.主 催:IDE大学協会九州支部・九州大学

3.日 時:平成29年9月9日(土)13:30〜17:00(受付開始13:00)

4.会 場:福岡ビル大ホール(福岡県福岡市中央区天神1丁目11番17号)

5.対 象:大学教育に関心を有する方

6.参加定員:約200名

7.テ ー マ:「大学のグローバルな高大接続戦略−海外からいかに優秀な人材を受け入れるか」

   現在、「高大接続」は大学の入試制度と教育課程の変革を求める動きの中で重要なキーワード
  となっている。昨年度のIDE九州地区セミナーでは、「大学入試改革〜円滑な高大接続を目指し
  て〜」というテーマの下、新しい入試システムの展望と様々な取組の導入状況とその課題に
  ついて協議し、情報を共有してきた。
   「高大接続」は国内のプロセスを重視しがちであるが、一方で、大学が直面している問題は、
  世界のグローバルな教育と連動している。学齢人口のアジアでの爆発や国内での減少による人材
  獲得競争のグローバル化、21世紀型学力観に基づく「学力」や「優秀」の定義の転換、世界の
  大学ランキングと大学の国際化などは、外的圧力となっている。国内に目を転じると、高校の
  国際課程の進展、高校生獲得における海外大学との競合、大学の国際教育課程に基づく入試改革
  など、グローバルな高大接続が大学に大きな影響力を持ちつつあることがうかがえる。
   高大接続のプロセスには、リクルーティング(学生募集・提携)とアドミッション(入試選抜・
  評価)、その後の教育・学生支援(学習文化支援)の3つの段階がある。中でもアドミッション
  とその後の教育において、近年、海外や日本の高校国際課程にみられる使用言語や履修課程の
  多様化は、高大接続における「学力」評価をますます複雑化させている。このため、そうした
  高校生を受け入れるには、高校教育課程認定、高卒・大学入学等の資格判定、個別の学力測定
  評価、それに対応した予備・補充教育課程などが必要となっている。
   これら喫緊の課題への解決には、これまでのような個別大学の関係学部や国際課事務局のみが
  担うことは困難になってきており、様々な領域を組み込み、多様な機関と連携することで対策を
  講じていく必要がある。今回のセミナーでは、以上のような大学の国際化にまつわる課題を俯瞰
  する中で、海外の「優秀」な学生を獲得するための大学戦略に関して、幾つかの事例報告を基に、
  その在り方を参加者と共に考えていきたい。

8.プログラム
  ◇開会挨拶  久保 千春 IDE九州支部長(九州大学総長)

  ◇基調講演  日本における外国学習履歴の情報提供について
         講 師:森  利枝 大学改革支援・学位授与機構 研究開発部教授

  ◇事例報告1 農学部における海外高校へのリクルートと基礎・専門教育への接続の課題
         講 師:中村 眞子 九州大学大学院農学研究院准教授

  ◇事例報告2 立命館大学でのグローバル高大接続と入試・教育体制の整備
         講 師:堀江 未来 立命館大学国際教育推進機構教授

  ◇事例報告3 高校における国際展開と大学進学の現状と課題
         講 師:古賀  賢 柳川高校 理事長兼校長

  ◇総括・討議 進 行:竹熊 尚夫 IDE九州支部理事(九州大学人間環境学研究院教授)
         パネリスト:森  利枝 大学改革支援・学位授与機構 研究開発部教授
               中村 眞子 九州大学大学院農学研究院准教授
               堀江 未来 立命館大学国際教育推進機構教授
               古賀  賢 柳川高校 理事長兼校長

  ◇閉会挨拶  丸野 俊一 IDE九州支部常務理事(九州大学理事・副学長)

   ※セミナー終了後、情報交換会<会費2,000円>を開催します。

9.参加申込:募集期間(8月31日(木)まで)に、別紙参加申込書により郵送またはメール
  にてお申込ください。

10.経 費 等:セミナー参加費は無料ですが、会場までの交通費・宿泊費等については、自己負担と
       させていただきます。

11.そ の 他:公共交通機関をご利用ください。

【お問合せ・お申込先】
  〒819−0395 福岡市西区元岡744 九州大学学務部学務企画課内
  IDE大学協会九州支部事務局(担当:蔵本 石橋)
  電 話 : 092−802−5814、5928
  FAX : 092−802−5990
  E-mail : IDE-kyushu @ jimu.kyushu-u.ac.jp
添付ファイル 添付ファイル



平成28年度IDE大学セミナー「大学入試改革 〜円滑な高大接続を目指して〜」

by IDE事務局

1.趣 旨: 大学教育に関心を有する国公私立大学等の教職員を主な対象としてセミナー
  を開催し、当面する諸課題について情報共有及び検討を行い、各機関において
  教育・学生指導の改善・充実を図る。

2.主 催:IDE大学協会九州支部・九州大学

3.日 時:平成28年8月18日(木)13:30〜17:30(受付開始13:00)

4.会 場:九州大学・西新プラザ2階大会議室AB
(福岡市早良区西新2丁目16−23)

5.対 象:大学教育に関心を有する方

6.参加定員:約200名

7.テ ー マ:大学入試改革 〜円滑な高大接続を目指して〜

  中央教育審議会答申『新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、
  大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について』(平成26 年12 月22 日)、続いて出され
  た「高大接続改革実行プラン」(平成27 年1 月16 日)や高大接続システム改革会議「最終
  報告」(平成28 年3 月31 日)において、高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜を通じ
  た、学力の3要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・恊働性」)
  を伸ばす仕組みを構築するという一貫した方針が示された。
  今回の答申等では、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」等の実施のほか、各大学
  がそれぞれのアドミッション・ポリシーと学力の3要素を踏まえた多面的・総合的な選抜
  方法を実施することが求められている。
  大学の入学者選抜は、入学希望者だけではなく社会全体の関心事でもあるため、世論の
  動向の影響を受ける反面、テストの制度設計自体は非常に専門的な知識を要する事項であ
  る。そのため、大学では、社会の要請に配慮しつつ、入学者選抜制度の妥当性を高めるた
  めの試行錯誤が繰り返されており、同時に大学教育そのものを問い直す改革が進展しつつ
  ある。
  今回のセミナーでは、高大接続を踏まえた今後の入試改革を展望し、意欲的な入試改革
  を実施している大学の事例を参考に、選抜方法や入学者の特徴、実施組織等について、そ
  の可能性や課題に関する情報の共有を図り、各機関の課題解決の契機の場としたい。

8.プログラム
  ▽開会挨拶 久保 千春 IDE九州支部長(九州大学総長)

  ▽基調講演 「高大接続を踏まえた入試改革の展望」
        講 師:片峰 茂 国立大学協会入試委員会委員長(長崎大学学長)

  ▽事例報告(1)「国際バカロレア入試の全学導入 〜成果と課題〜 」
        講 師:佐竹 恭介 岡山大学アドミッションセンター教授

  ▽事例報告(2)「アサーティブプログラムとアサーティブ入試
        〜選抜型から育成型入試への転換〜」
        講 師:福島 一政 追手門学院大学副学長

  ▽総括・討議
      進 行:木村 拓也 IDE九州支部監事(九州大学基幹教育院准教授)
      パネリスト:片峰 茂、佐竹 恭介、福島 一政、
          上原 洋祐 前福岡県立筑紫丘高等学校校長
            (九州大学教育改革企画支援室学術研究員)

  ▽閉会挨拶 丸野 俊一 IDE九州支部常務理事(九州大学理事・副学長)

  ※セミナー終了後、会場1階の展示コーナーで情報交換会<会費2,000 円>を開催します。

9.参加申込: 募集期間(8月9日(火)まで)に、別紙参加申込書により郵送、FAX、
  またはメールにてお申込ください。

10.経 費 等: セミナー参加費は無料ですが、会場までの交通費・宿泊費等については、自
  己負担とさせていただきます。

11.そ の 他: 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。


【お問合せ・お申込先】
 〒819−0395 福岡市西区元岡744 九州大学学務部学務企画課内
 IDE大学協会九州支部事務局(担当:山ア、大津)
 電 話 : 092−802−5927、2288
 FAX : 092−802−5990
 E-mail : IDE-kyushu @ jimu.kyushu-u.ac.jp
添付ファイル 添付ファイル



平成27年度IDE大学セミナー「人材育成の課題と向き合う 〜大学像の模索〜」

by IDE事務局

1.趣 旨: 大学教育に関心を有する国公私立大学等の教職員を主な対象としてセミナーを開催し、
当面する諸課題について情報共有及び検討を行い、各機関において教育・学生指導の
改善・充実を図る。

2.主 催:IDE大学協会九州支部・九州大学

3.日 時:平成27年9月1日(火) 13:30〜17:40

4.場 所:西南学院大学・西南コミュニティセンター(福岡市早良区西新6-2-92)

5.対 象:大学教育に関心を有する方

6.参加定員:約200名

7.テ ー マ:「人材育成の課題と向き合う 〜大学像の模索〜」

年々厳しさを増す社会経済環境のなかで、知の拠点である大学には、人材育成の場とし
ての役割がこれまで以上に期待されています。今日の大学では、社会の要請を踏まえた様々
な改革が試みられていますが、現在においてもなお、あるべき大学像の模索は続いている
のが実情です。
特に、グローバル化や地域コミュニティの課題に直面した現代社会において、養成する
人材像については、特定の分野の知識に加え、問題解決力や外国語をふくむコミュニケー
ション力などの汎用的技能及び生涯学習力やチームワークなどの態度・志向性等の総合的
な能力の育成が求められています。
そのため、大学では既存の組織や枠組を越えた教育実践が必要になってきており、海外
での異文化体験や自地域の特色を活かした社会体験等の教育プログラムの開設、さらには
新学部の設置など、大学教育のあり方そのものが問われる改革が進展しています。
今回のセミナーでは、それぞれの大学の目的や社会の要請を踏まえた人材の育成を目指
し、意欲的な取組を実施している大学の事例を参考に、学生の成長、特徴的な教育方法、
組織の運営等について、その可能性や課題に関する情報の共有を図り、各機関の課題解決
の契機の場としたいと思います。

8.プログラム
▽開会挨拶 IDE九州支部長 久保 千春(九州大学総長)

▽基調講演 「2015年の現役人の役割と責任」
       講 師:麻生 泰 一般社団法人九州経済連合会会長
(麻生セメント株式会社代表取締役社長)

▽事例報告(1)「APU における国際戦略・人材育成 〜SGU 事業を中心として〜」
       講 師:村上 健(立命館アジア太平洋大学事務局長)

▽事例報告(2)「異国で育つ地域人材 〜アジアインターンシップの取組〜」
       講 師:迫田 耕一(鹿児島国際大学 産学官地域連携センター次長兼室長)

▽事例報告(3)「グローカル人材育成の試み」
       講 師:藤本 滋之(西南学院大学 文学部教授)
          小出 秀雄(西南学院大学 経済学部教授)

▽閉会挨拶 IDE九州支部長常務理事 丸野 俊一(九州大学理事・副学長)

  (※18時から、西南クロスプラザで情報交換会<会費4,000円>を開催します。)
9.参加申込: 募集期間(8月18日(火)まで)に、別紙参加申込書により郵送、
  FAXまたはメールにてお申込ください。

10.経 費 等: セミナー参加費は無料ですが、会場までの交通費・宿泊費等については、自己負担
  とさせていただきます。

11.そ の 他:* クールビズにて実施いたします。
  * 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。


【お問合せ・お申込先】
〒819−0395 福岡市西区元岡744 九州大学学務部学務企画課内
IDE大学協会九州支部事務局(担当:山ア、大津)
電 話 : 092−802−5927、2288
FAX : 092−802−5990
E-mail : IDE-kyushu @ jimu.kyushu-u.ac.jp


  企画趣旨・プログラム:kyusyu_seminer1509
添付ファイル 添付ファイル



IDE大学セミナー 「授業改革をとおして主体的な学びを育む」

by IDE事務局

「授業改革をとおして主体的な学びを育む」

日時: 2013年8月30日(金)

会場: 九州大学旧工学部本館1F・大講義室(九州大学箱崎地区)

問合先: IDE九州支部
     九州大学学務部学務企画課内 
     TEL 092-802-5916



■IDE大学セミナー  「現在の学生の学びの特徴を踏まえた『これからの大学教育』の在り方を探る」− 終了しました。

by IDE事務局

日時: 2012年9月7日(金) 12:30〜17:30

主催: IDE大学協会九州支部

共催: 九州大学

場所: 九州大学旧工学部本館大講義室(箱崎キャンパス:MAP番号の2番)

〒812-8581 福岡市東区箱崎6−10−1

アクセス http://www.kyushu-u.ac.jp/access/index.php#02

テーマ: 現在の学生の学びの特徴を踏まえた「これからの大学教育」の在り方を探る

参加費: 無料

ホームページ: その他詳細はこちらのホームページをご覧ください。

申込・問合先: 8月17日(金)までに、参加申込書により、メール、FAX、郵送にて、下記宛てにお申し込み願います。

IDE大学協会九州支部 (九州大学 学務部学務企画課内)

TEL(092)802-5916 
FAX (092) 802-5990 
mail IDE-kyushu@jimu. 
    [メールアドレスの末尾 kyushu-u.ac.jp 省略] 
〒819-0395 福岡市西区元岡744 



■IDE大学セミナー 「学生支援の新たな展開−学生サービスを越えて−」− 終了しました。

by IDE事務局

日時: 2011年9月17日(土)

主催: IDE大学協会九州支部

共催: 九州大学

場所: 九州大学西新プラザ
〒814-0002 福岡市早良区西新二丁目16番
アクセス http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/infomap.htm
申込・問合先: IDE大学協会九州支部 (九州大学 学務部学務企画課内) 
TEL(092)642-2248 



■IDE大学セミナー 「経済危機の中の就職−大学はどう取り組むべきか」− 終了しました。

by IDE事務局

日時: 2009年9月4日(金) 9:50〜17:10(受付9:30〜)
主催: IDE大学協会九州支部
共催: 九州大学
場所: 九州大学西新プラザ

〒814-0002 福岡市早良区西新二丁目16番

アクセス http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/infomap.htm
会費: 無料
テーマ: 全体テーマ:「経済危機の中の就職−大学はどう取り組むべきか」
申込方法: 電話、FAX、メールでお申し込みください。
申込・問合先: IDE大学協会九州支部 (九州大学 学術研究推進部学術研究推進課内) 

TEL(092)642-2131  FAX (092)642-7090

E-mail: kissomu@jimu.kyushu-u.ac.jp
プログラム: ダウンロードしていただけます(PDF形式)。





■IDE大学セミナー −「大学におけるキャリア教育の現状と課題」− 終了しました。

by IDE事務局

日時: 2008年8月7日(木) 9:50〜17:10(受付9:30〜)
主催: IDE大学協会九州支部
共催: 九州大学
場所: 九州大学西新プラザ

〒814-0002 福岡市早良区西新二丁目16番

アクセス http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/infomap.htm
会費: 無料
テーマ: 全体テーマ:「大学におけるキャリア教育の現状と課題」
申込方法: 電話、FAX、メールでお申し込みください。
申込・問合先: IDE大学協会九州支部 (九州大学 企画部研究戦略課内) 

TEL(092)642-2131  FAX (092)642-7090

E-mail: kissomu@jimu.kyushu-u.ac.jp
プログラム: ダウンロードしていただけます(PDF形式)。




■IDE大学セミナー −「大学教育の国際化の新展開」− 終了しました。

by IDE事務局

日時: 2007年8月10日(金) 9:50〜17:10(受付9:30〜)
主催: IDE大学協会九州支部
共催: 九州大学
場所: 九州大学西新プラザ

〒814-0002 福岡市早良区西新二丁目16番

アクセス http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/infomap.htm
会費: 無料
テーマ: 全体テーマ:「大学教育の国際化の新展開」

詳細PDFデータをご用意しております。

下の画像をクリックしていただければダウンロードすることができます。

申込方法: 電話、FAX、メールでお申し込みください。
申込・問合先: 九州大学企画部研究戦略課 津田

TEL(092)642-2131  FAX (092)642-7090

E-mail: kissomu@jimu.kyushu-u.ac.jp
セミナーご案内: PDFデータをご用意しております。

下の画像をクリックしていただければダウンロードすることができます。