本部・支部イベント情報




RSS

Ringworld

新着イベント情報 >>

2018年度 IDE高等教育研究フォーラム 「テーマ:未定」

by IDE事務局

(詳細未定)
IDE大学協会・千葉大学 共催

1.日 時: 2019年3月28日(木)14:00〜17:00

2.場 所: 一橋大学一橋講堂



東北支部 H30年度IDE大学セミナー 「大学と社会との対話 ─産学官出身3学長が語るビジョン─」

by IDE事務局

1.主 催:IDE大学協会東北支部、東北大学高度教養教育・学生支援機構

2.本年度のテーマ:大学と社会との対話 −産官学出身3学長が語るビジョン−

3.趣 旨
   経済の長期低迷と人口減少の本格化の中で、多様性を包摂し活力につなげることは、
  日本社会全体の生き残りをかけた課題となっています。社会科学では、社会や組織内の
  多様な文化間の対話と摩擦がルーティーン(思考停止)から構成員を解き放ち、広く深い
  思考を促し、新たな価値を創造するイノベーションに繋がる、との知見があります。
  大学は本来、国内外から多様な学生と教職員が集う交流と対話の中で、未来を形作る知を
  創造し伝承する研究と教育を一体的に行い、社会を先導すべき立場にあります。
  しかし、日本の大学の現状は、女性や外国人等の活躍を可能にするダイバーシティ・
  マネジメントにおいて日本企業と同様の課題を抱えていると言えます。また、教育・
  研究における変化への対応の遅れやガバナンスの在り方について、政府や経済界から
  批判を受け、追い立てられている感すらあります。
   大学の教育実践や研究活動は、社会とのつながりの中でどのような方向に変化しつつ
  あるのでしょうか?そして、大学のリーダーたちは、自分たちの教育・研究の価値を社会に
  どう伝え、自由を守り多様性を包摂する社会の構築にどう貢献しようとしているのでしょうか?
  また、憲法が保障する学問の自由とそれを支える大学の自治の価値について、社会の理解を
  得る努力を十分に行っているでしょうか?大学及び大学教育に「外部人材」の登用を政府に
  迫られる現状は、何を意味するのでしょうか?幾多の成長戦略にもかかわらず低成長経済を
  脱することができず、急増する社会保障費と累積する財政赤字になすすべのない中、官庁や
  企業の不祥事が相次ぐなど、危機的状況にある日本社会において、外圧としての「大学改革」
  に受身で対応するだけでよいのでしょうか?
   本セミナーでは、産官学出身の3名の学長と共に、今日の日本の社会と大学が抱える課題を
  直視しつつ、大学と社会とのより良き対話への糸口を考えていきたいと存じます。

○ 講演者

  講演1:「大学の使命と社会〜私のビジョン〜」
        神田外語大学学長  宮内 孝久 氏

  講演2:「大学の使命と社会〜私のビジョン〜政策の視点、地方私学の視点から」
        尚絅学院大学学長  合田 隆史 氏

  講演3:「創造と変革を先導する大学」
        東北大学総長  大野 英男 氏

4.日 時:2018年11月19日(月)13:00〜17:25
                   (17:30〜19:00懇親会)

5.会 場:仙台ガーデンパレス 2F「鳳凰」
      宮城県仙台市宮城野区榴岡4−1−5  TEL 022-299-6211

6.日 程:別紙「日程表」を参照

7.参加申込み
   参加を希望される方は、Web申込み( http://www.ihe.tohoku.ac.jp/ )又は、
   別紙「参加申込書」に必要事項をご記入の上、FAX、メール、郵送等により
   お申し込みください。

  ○募集締切:平成30年11月12日(月)到着分まで

8.参加費用
  (1)セミナー参加料は無料ですが、セミナー参加に係る交通費、宿泊費等は全て参加者の
     ご負担とさせていただきます。
  (2)懇親会に出席される方は、会費3,000円を当日会場にて申し受けます。


9.連絡先・参加申込先
       IDE大学協会東北支部事務局(東北大学総務企画部総務課内)
       〒980-8577 仙台市青葉区片平二丁目1−1
       TEL:022(217)4807 FAX:022(217)5906
       E-mail: gen-som@grp.tohoku.ac.jp

ダウンロード
  実施要項&日程表→ファイル名「01_tohoku_program1811」
  申込書→ファイル名「02_tohoku_mousikomi1811」
  ポスター→ファイル名「03_tohoku_poster1811」
添付ファイル 添付ファイル



【中止】北海道支部セミナー H30年度「学修成果の可視化をめざして」

by IDE事務局

北海道支部では、この度の災害の影響を考慮し、2018年9年14日(金)に予定しておりました 
IDE大学セミナー「学修成果の可視化をめざして」の開催を中止することになりましたので、
お知らせいたします。



【終了】近畿支部 セミナー H30年度「ダイバーシティが切り拓く大学教育」

by IDE事務局

1.2018年8月24日(金)13:00〜17:40

2.京都大学学友会館2階 会議・講義室



九州支部セミナー 第50回記念 H30年度 「高等教育グローバル化時代の学生の研究倫理教育 —学問的誠実性は如何に教えることができるのか」

by IDE事務局

 2014(平成26)年8月26日に文部科学大臣決定「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」が上梓されて以降、ますます、大学等研究機関の研究不正に対する責任が問われてきています。
 組織としての責任体制の確立や不正事案発生後の対応は言うまでもなく、不正の事前防止に対する取り組みについてもこの間強化され、研究者に対する倫理教育だけでなく、学生の研究者倫理に関する規範意識の徹底を目指して、学生への研究倫理教育を実施することが各大学で求められています。
 一方で、どのようにすれば、学生に研究倫理教育が行えるのか、どうすれば、学問的誠実性を教えることができるのか、その解決策をすべての大学が共有しているわけではないように思います。また、一方で、増え続ける、英語論文での研究成果発表や留学生教育など、高等教育のグロバール化に対応した、新たな研究倫理教育が求められている側面も出てきました。
 今回のセミナーでは、学問的誠実性の定着を目指した大学の研究倫理教育の実践例を参考に、研究倫理教育とは何かという根本問題や学生のレポートに対する剽窃防止策、また、盗用と言われないための英文指導など、について、その可能性や課題に関する情報の共有を図り、各機関の課題解決の契機の場としたいと思います。
 なお、今回は、IDE 大学協会九州支部セミナー50回を記念いたしまして、記念講
演として、東京大学名誉教授、筑波大学特命教授の金子元久先生に「大学改革の展望」
と題しまして、昨今の大学改革を振り返り、その展望をご講演頂きます。



1.趣 旨: 大学教育に関心を有する国公私立大学等の教職員を主な対象としてセミナーを開催し、
当面する諸課題について情報共有及び検討を行い、各機関において教育・学生指導の改善・
充実を図る。

2.主 催:IDE大学協会九州支部・九州大学

3.日 時:2018年10月28日(日) 13:00〜17:30

4.場 所:TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前

5.対 象:大学教育に関心を有する方

6.参加定員:約200名

7.テ ー マ:「高等教育グローバル化時代の学生の研究倫理教育 
               −学問的誠実性は如何に教えることができるのか」

8.プログラム
  開会挨拶 IDE九州支部長 久保 千春(九州大学総長)

  第50 回記念講演 「大学改革の展望」
         講 師:金子 元久(東京大学 名誉教授、筑波大学 特命教授)
  
  基調講演 「学生と教職員がともにつくる研究倫理教育の可能性について」
         講 師:池田 光穂(大阪大学 CO デザインセンター 副センター長 教授)

  事例報告(1)「学問的誠実性を培う学部教育 〜レポート論題で剽窃防止〜」
         講 師:成瀬 尚志(長崎大学 大学教育イノベーションセンター 准教授)

  事例報告(2)「語学教育の視点から考える盗用問題
                  〜盗用と言われないための英文ライティング指導」
         講 師:吉村 富美子(東北学院大学 文学部英文学科 教授)


  事例報告(3)「コピペ判定支援ソフトの機能概要とチェック対象」
         講 師:前田 清一(株式会社 アンク 技術部 マネージャー)

  総括・討議 進 行: パネリスト:池田光穂、成瀬尚志、吉村富美子

  閉会挨拶 IDE九州支部常務理事 丸野 俊一(九州大学理事・副学長)

  ※セミナー終了後、情報交換会<会費2,000 円>を開催します。

9.参加申込:9月28日(金)までに、機関会員及び大学等においては所属機関ごとに
  参加申込書により、IDE会員及び一般の参加者等においては個別に参加申込書により、
  郵送又はFAX、電子メールにて下記宛先までお申込ください。

  ※ メールの場合は、「IDE大学セミナー参加申込」であることを明記し参加申込書を
    添付または、その項目について記載してください。

10.経 費 等: 参加費は無料ですが、会場までの交通費・宿泊費等については、自己負担と
  させていただきます。

11.そ の 他: 駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。


【お問合せ・お申込先】
 〒819−0395 福岡市西区元岡744 九州大学学務部学務企画課内
 IDE大学協会九州支部事務局(担当:李、蔵本)
 電 話 : 092−802−5927、2288
 FAX : 092−802−5990
 E-mail : IDE-kyushu@jimu.kyushu-u.ac.jp
添付ファイル 添付ファイル



【終了】中国四国支部セミナー H30年度「高大接続 −英語入試の改革」

by IDE事務局

1.日時: 平成30年8月27日(月)13:00〜17:55

2.会 場: ホテルグランヴィア広島 3階 天平の間



【終了】東海支部セイナー H30年度「いま求められる就職支援とは」

by IDE事務局

1.日 時: 平成30年8月28日(火) 13:30〜17:00

2.場 所: 名古屋大学野依記念学術交流館カンファレンスホール



【終了】2017年度 IDE高等教育研究フォーラム 「大学組織と教員 ―日本的特質とその将来―」

by IDE事務局

IDE大学協会・千葉大学 共催

1.日 時: 2018年3月23日(金)10:30〜17:30

2.場 所: 一橋大学一橋講堂



【終了】東北支部セミナー H29年度「大学生と言語 −変容する思索と文化の礎−」

by IDE事務局

1.日 時: 2017年11月29日(水)13:00〜17:25(17:30〜19:00懇親会)

2.会 場: 仙台ガーデンパレス



【終了】九州支部セミナー H29年度「大学のグローバルな高大接続戦略−海外からいかに優秀な人材を受け入れるか」

by IDE事務局

1.日 時: 2017年9月9日(土)13:30〜17:00

2.会 場: 福岡ビル大ホール



>>