本部・支部イベント情報




RSS

Ringworld

新着イベント情報 >>

東北支部セミナー 令和3年度「大卒キャリアと大学教育]

by IDE事務局

 長期化するコロナ禍の中で、大学教育と産業社会の双方が、大きな構造変動を経験している。この構造変動は、一般的には、コロナ禍以前に起きていた変化が、大きく加速し、転換していく事象と捉えられている。特に、デジタル化及びデジタル・トランスフォーメーション(DX)は、大学生の学習と就職において時間や空間の超越を生み出すようなサイバー空間が占める比重を飛躍的に増大・発展させた。コロナ禍の収束後もおそらくデジタル化の流れは不可逆的であり、教育再生実行会議が提唱するような大学での学習、そしてさらには大学卒業後の仕事、キャリアの両方で個別最適化への要請が高まっていくことになるだろう。
 この変化には、コロナ禍以前から大学と経済界との間で議論が進められていた学卒一括採用を基軸とした就職のあり方への根本的な見直しや、社会人に対するリカレント教育とその資格付けなど多様な論点が含まれる。そして、その大きな流れを象徴する言葉として「メンバーシップ型」から「ジョブ型」の労働市場への移行が提唱されているが、これがどのような思想に基づくものであり、この移行を支えるための教育・労働システムを具体的にどう設計されようとしているのか、さらに、これらの変化の現実を見据え、学生と社会のニーズに応える大学教育の実践をどのように進めていけばよいのかは、目の前にある喫緊の課題でありながら、その分析・理解と展望の構築が全く進んでいないまま現実が推移している観がある。
 本セミナーでは、「ジョブ型」雇用などの大きな変化に向けた展望と、インターンシップ、マイクロ・クレデンシャルなど具体的な施策の変化、そして、コロナ禍で変化する大学生の学びと就職の実態とを複合的に見渡しながら、今後の大学教育のあり方についてフロアを交えた闊達な議論を行うことを目指す。

■日  時 : 2021年11月15日(月)14:00〜17:00
■形  式 : Zoomを使用したウェビナー

■プログラム: 開会挨拶:大野 英男(東北大学総長、IDE大学協会東北支部長)
        趣旨説明:猪股 歳之(東北大学高度教養教育・学生支援機構教授)

        基調講演「 ジョブ型雇用と大卒キャリア」
            濱口 桂一郎(労働政策研究・研修機構労働政策研究所長)
        講 演1「 コロナ禍の就活と大卒採用−東北地方から視たリアリティ−」
            多田 健一(株式会社リクルート
                     東北チームリーダー兼リクナビ副編集長)
        講 演2「 キャリアの多様化を踏まえた大学教育−
                         キャリア教育の実践を例に−」
            浦坂 純子(同志社大学社会学部教授)

        講 演3「 大学から職業への移行−論点整理−」
            濱中 義隆(国立教育政策研究所高等教育研究部総括研究官)

       パネルディスカッション(登壇者全員)

       閉会挨拶:山口 昌弘(東北大学副学長)
       司  会:米澤 彰純(東北大学国際戦略室副室長、教授)
            加藤 美紀(仙台白百合女子大学人間学部准教授)

■ 申込み方法 : Web申込みフォーム↓ 高度教養教育・学生支援機構HP                     
         https://www.ihe.tohoku.ac.jp/CPD/events/pd211115/

■ 申込み締切 : 令和3年11月9日(火) 
■ 参加費用:無料
■ 連絡先 : IDE東北支部セミナー担当(東北大学教育・学生支援部学務課)
       TEL : 022-795-7537 / E-mail : gaku-syom@grp.tohoku.ac.jp
       主催 : IDE大学協会東北支部/東北大学高度教養教育・学生支援機構

ダウンロード
  企画趣意&プログラム → 0022_tohoku_KikakuProgram2111
  ポスター → 0022_tohoku_poster2111
添付ファイル 添付ファイル



2021年度 IDE高等教育研究フォーラム 2021/11/9(火)開催 オンラインセミナー「大学職員は変わったか」

by IDE事務局

 大学経営が厳しさを増す中で,大学運営を担う構成員としての大学職員の重要性が叫ばれ,大学経営人材
として専門性を高め,大きな役割を果たすことが期待されています。
2017年の大学設置基準の改正では,大学運営における教員・職員の役割分担と協力関係の確保,教職員へ
のSD(スタッフ・ディベロップメント)の義務化もなされました。大学職員を対象とした学内外の研修機会も格段に増えて,充実してきました。
 こうした環境のなかで,大学職員の意識や仕事の仕方は変わってきたのでしょうか。
期待されるような変化が起きていないとしたらなぜで,どう対処していくことが必要なのでしょうか。
東京大学大学経営・政策研究センターが実施した2 回の「全国大学職員調査」(2010 年,2021年)の分析結果を紹介し,議論します。

主催:IDE大学協会
日時:2021年11月9日(火) 14:00〜17:00
形式:オンライン Zoomミーティング

■話題提供:「大学職員は変わったか ―全国大学職員調査から」
        両角 亜希子(東京大学 教授)
  コメント 吉武 博通(情報・システム研究機構 監事,東京家政学院理事長)
  コメント 金子 元久(筑波大学 特命教授)

■パネルディスカッション
 パネリスト 吉武 博通
       金子 元久
       両角 亜希子
 司会    小林 雅之(桜美林大学大学院 教授)
       濱中 義隆(国立教育政策研究所 総括研究官)


参 加 費:無料
申込方法:2021/10/12 10:00〜 当サイトにて受付開始 
  定員(300人)になり次第締切らせていただきます。

申込み: 申込フォーム→ https://forms.gle/5RsNjPp9kPbVF15B9

 ・フォーム送信後、自動配信メール(Ideforum.info@gmail.com)にて、フォームに登録された
  メールアドレスに「ZoomURL」、「当日の配布資料について」をお送りいたします。
  迷惑メールなどにフィルターされていないかご留意願います。
  自動配信メールへのご返信は受付できませんのでご了承ください。
 ・自動配信メールが届かない場合は、ide-forum@ide-web.netまでご連絡ください。

当日資料:2021年11月8日(月)11:00〜 当サイトに掲示します。
         ダウンロードしてご利用ください。

ダウンロード
■企画趣意&プログラム→ 0011_honbu_KikakuProgram2111.pdf
■ポスター → 0012_honbu_poster(qr)2111.pdf
添付ファイル 添付ファイル



近畿支部 セミナー 2021年度「データサイエンス教育の必修化を巡って −文理融合型教育・高大接続・大学間連携−」

by IDE事務局

IDE大学協会近畿支部は、令和3年度IDE大学セミナー「データサイエンス教育の必修化を巡って−文理融合型教育・高大接続・大学間連携−」を開催します。
現在、大学の共通教育において、データサイエンス教育の必修化に注目するようになりましたが、各大学において、データサイエンス教育を設計・実装するには、どうすべきであるのか、
いくつかの問いを提起します。
データサイエンス教育必修化にあたって、文理融合教育の実現をどう実現するか?
データサイエンス教育必修化にあたって、高大連携を構築するうえで、何が課題か?
データサイエンス教育必修化にあたって、大学間連携の促進をどう加速したらよいか?
本セミナーではそのような問いをめぐって、様々な立場からの問題提起、報告を踏まえ、議論を
行っていきます。

日  時:令和3年9月10日(金) 13:30〜17:30
開催形式:オンライン形式(Zoomウェビナー)
対  象:どなたでもご参加いただけます。
プログラム:・開会の挨拶
      
      ・話題提供(登壇順は調整中)

      「武蔵野大学における全学向け情報・データサイエンス・AI教育について」
       上林 憲行 先生(武蔵野大学MUSIC(Musashino University Smart Intelligence
       Center)長、同 データサイエンス学部教授(前学部長))

      「オープンサイエンス&オープンエデュケーション with オープンマインド:
       九州大学における「全分野横断・全学年縦断型数理・データサイエンス教育」」
       内田 誠一 先生(九州大学システム情報科学研究院教授、同 数理・データ
       サイエンス教育研究センター長)

      「データサイエンス教育の普及に向けて」
       姫野 哲人 先生(滋賀大学データサイエンス学部 准教授、数理・データ
       サイエンス教育強化拠点コンソーシアム カリキュラム分科会委員)

      「データサイエンス教育強化の全国展開 −これまでの取組みと今後の動向−」
       山本 章博 先生(京都大学情報学研究科 教授、同 国際高等教育院附属データ
       科学イノベーション教育研究センター長(併任))

      「私がDS教育を経て得た知見と見解」
       中島  優 さん(滋賀大学データサイエンス学部 4年生)

      ・全体討議

参 加 費:無料
定  員:300名(申込先着順)
参加申込方法:要事前申し込み
      ・氏名、所属名、職名、連絡先(電話番号、E-mailアドレス)を明記し、
       電子メール、WebまたはFAXにて、以下の参加申込先までお申し込みください。
      ・申し込みいただいた方には、後日、電子メールにてZoom接続URLをご案内します。
参加申込先・連絡先: 京都大学総務部広報課気付 IDE大学協会近畿支部事務局
           〒606-8501 京都市左京区吉田本町
           TEL/(075)753-2070 FAX/(075)753-2094
           E-mail/ide_seminar@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
Web申込URL/ https://forms.gle/yUG97MpqjGiszKGEA
参加申込締切:令和3年9月3日(金) ※定員に達し次第、受付を終了します。
主  催:IDE大学協会近畿支部
後  援:京都大学高等教育研究開発推進センター

ファイルダウンロード
趣意書  → 0051_kinki_shui2108.pdf
添付ファイル 添付ファイル



東海支部セミナー 令和3年度「ポストコロナの大学教育:あえてコロナ禍下の「成果」を問う」

by IDE事務局

       IDE 大学協会東海支部 令和3年度 IDE 大学セミナー 趣旨
     「ポストコロナの大学教育:あえてコロナ禍下の「成果」を問う」

コロナ禍下で大学が受けたダメージは、拡がりと深さの点で計り知れない。しかし、必
ずしもマイナスの効果だけではなく、プラスの効果も見いだせるのではないか。たとえ
ば、教育や学生支援の面で、これまで見落とされていた課題がコロナ禍下で顕在化してお
り、大学はこれに取り組むことを余儀なくされている。オンライン教育の普及や学生の生
活面・経済面での支援などは、その一例に過ぎない。コロナ禍やその影響は、今後もしば
らく続くことが予想されるため、この取り組みを継続することが求められる。さらに、取
り組みを一時的なものとするのではなく、コロナ禍が落ち着いた状況においても継続・発
展させることが必要であろう。
そのことをふまえて、本セミナーでは、コロナ禍下で各大学が得た成果をいかに検証す
るか、その成果を今後の大学教育や学生支援の改善にいかにつなげていくか、その具体的
な方法や課題等を考える。とくに、大学経営の観点、教育改善の観点、学生支援の観点、
学生自身の取り組みの観点から、話題提供をしていただく。

基調講演:山田礼子「コロナ禍下の成果の検証と発展にいかに取り組むか」
山田氏は同志社大学教授。大学教育学会長として、全国の大学を対象に、コロナ禍下
での大学教育の現状に関する調査を実施し、その内容をもとにして今後求められる対応
について提案をまとめ、文科省に提出した。

話題提供:
    国立大学の教育担当副学長:岐阜大学
    私立大学の教育担当副学長:愛知大学
    教育改善に取り組む団体:「大学教育改革フォーラムin 東海」代表
    学生代表:名古屋市立大学、椙山女学園大学
    パネルディスカッション:山田氏含め全員

申込方法:
  参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、8月20日(金)までにE-mail
  またはFaxにより、IDE大学協会東海支部事務局宛てにお申し込みください。

参加費用: 無料

問合せ先:名古屋大学管理部総務課内 
     IDE大学協会東海支部事務局:担当 小川

     〒464-8601 名古屋市千種区不老町
      Tel:052-747-6509 Fax:052-788-6272
       E-mail:ide-tokai@adm.nagoya-u.ac.jp

ファイルダウンロード
   プログラム・趣意 → 0041_tokai_program2108.pdf
   参加申込書  → 0041_tokai_mousikomi2108.doc
添付ファイル 添付ファイル



北海道支部セミナー 令和3年度「コロナ禍への対応とこれからの高等教育」

by IDE事務局

1.趣旨
昨年3月から猛威をふるってきた新型コロナによる感染症は,社会に大きな影響を及ぼしました。大学も例外ではなく,時期によっては対面授業ができなくなり,多くの大学でオンラインによる授業が否応なく導入されました。しかし,これは高等教育のIT化推進のチャンスでもあります。これまでオンライン教育に関するIT技術には触れたことのなかった多数の教員が新しい講義手法を習得しました。
今年度のIDEセミナーでは,コロナ禍における大学の対応をIT推進組織の観点から報告していただくとともに,教学IRによる学生の学習状況についての全国調査の結果も紹介し,今後の活動の参考となるよう企画しました。各大学で今回の経験をいかに生かしていくか,セミナーから将来への指針を得たいと思います。
なお今年度は,対面での開催は難しいため,北海道大学高等教育推進機構高等教育研修センターの支援のもとで,Zoomによるセミナーといたします。

2.テーマ  「コロナ禍への対応とこれからの高等教育」
3.主 催  IDE大学協会北海道支部・北海道大学共催
4.日 時  令和3年8月25日(水) 13:25〜16:30
5.方 法  Zoomによるオンライン・セミナー
        (支援:北海道大学高等教育推進機構高等教育研修センター)
6. 申込方法 https://ctl.high.hokudai.ac.jp/  よりお申し込みください。
       定員 1,000名  参加費 無料

7.内 容
(1)特別講演1(13:30〜14:30)
「北海道大学におけるオンライン教育実施支援」
    北海道大学 情報基盤センター 准教授・
     高等教育推進機構オープンエデュケーションセンター 副センター長 重田 勝介
 
(2)特別講演2(14:30〜15:30)
「甲南大学のオンライン授業支援」
       甲南大学 フロンティア研究推進機構事務室 課長補佐 深堀 太博 

(3)特別講演3(15:40〜16:30)
「大学IRコンソーシアムのアンケート分析」
                  北海道大学 高等教育推進機構 教授 細川 敏幸


お問合せ:IDE大学協会北海道支部(北海道大学学務部学務企画課総務担当)
     TEL:011-706-5567,7461
     メール:ide-hokkaido@general.hokudai.ac.jp


ファイルダウンロード
   ポスター → 0021_hokkaido_poster2108.pdf
   企画書  → 0021_hokkaido_kikaku2108.pdf
   プログラム→ 0021_hokkaido_program2108.pdf
添付ファイル 添付ファイル



【終了】2020年度 IDE高等教育研究フォーラム 2021/3/25(木)開催 オンラインセミナー「入試改革−2022年春への展望−」

by IDE事務局

IDE大学協会・千葉大学 共催

1.日 時: 2021年3月25日(木)15:00〜17:30

2.実施形式: Zoomウェビナー(オンラインセミナー)



【終了】東北支部セミナー 令和2年度「大学教育の新常態? ―オンライン授業の経験は、持続的変化をもたらすか―」

by IDE事務局

1.日 時:2020年11月16日(月)14:00-16:30

5.会 場:Zoomを使用したウェビナー(オンライン・セミナー)



【終了】東海支部セミナー 令和2年度「いま求められる学生支援とは−困難に直面する学生をどう支援するか」

by IDE事務局


1.日 時: 令和 2年 8月21日(金) 13:30〜16:35
2.形 式: オンライン形式 <Zoomウェビナー>



【終了】九州支部セミナー 令和2年度 第52回「大学教職員の多様な働き方について」

by IDE事務局

1.日 時: 2020年年8月23日(日) 13:00〜17:15

2.実施形式:オンライン形式(Zoomを使用)



【中止】2019年度 IDE高等教育研究フォーラム 「入試改革 ―何が問題か,何が必要か」

by IDE事務局

【IDE高等教育研究フォーラム 開催の中止】2020/3/4付

テーマ: 「入試改革―何が問題か,何が必要か」
日 時: 2020年3月18日(水)15:00〜18:00
場 所: 一橋講堂



>>