本部・支部イベント情報




RSS

Ringworld

新着イベント情報 >>

東北支部セミナー 令和元年度「学修の成果・時間と単位制度から考える学士課程教育の再設計」

by IDE事務局

1.主 催
  IDE大学協会東北支部、東北大学高度教養教育・学生支援機構

2.本年度のテーマ
  学修の成果・時間と単位制度から考える学士課程教育の再設計

3.趣 旨
   グローバル化,知識基盤社会,技術革新といった文脈において,我が国の学士課程教育
  には,相互に関連する,しかしその関連の仕方が自明とは言えない「ふたつの期待」が
  寄せられている。ひとつは学修(正課での学習)成果で,国際的な質保証の観点からも,
  ある意味での標準化と可視化が求められている。もうひとつは授業時間外の学修時間であり,
  国際比較をした場合,あるいは初・中等教育と比較した場合に,それが少ないことが問題視
  されている。

   この両者を視野に入れた解決策として,例えば過去10年ほどに渡り「学生が主体的に問題
  を発見し解を見いだしていく能動的学修(アクティブ・ラーニング)」の導入が進んでいる。
  しかし,ディスカッションやプレゼンテーションなど,教室での活動を形式的に取り入れる
  だけでは,知識の定着や汎用的技能の獲得といった学修成果はおろか,学修時間の増加にも
  結びつき難いとの懸念も示されている。

   さらに言えば,個別授業における教授法の改革だけでは「ふたつの期待」に応えることは
  できない。仮に授業担当者が授業時間外での学修を前提に目標設定を行い,それに基づいて
  授業を設計したとしても,教育課程の中で各授業科目が適切に位置付けられていなくては
  意味がない。授業科目毎の目標と教育課程全体の目標が整合的であり,授業時間外学修が
  実施できるような履修構造が確保されて初めて,授業設計上の工夫が活きてくる。
  つまり,学士課程教育において学修成果や学修時間を論じようとするならば,単位制度に
  関する理解と解釈はもとより,個別授業と課程全体の双方を「設計する」発想と,そこでの
  革新が不可欠だと言える。
 
   以上の認識を背景に,本セミナーは,学修成果と単位制度に係る総論的な講演と,学士
  課程の設計という観点から注目される3事例の各論的な講演から構成されている。これらの
  講演を踏まえ総括討論では,学修成果と学修時間というふたつの難題に対して,大学がどう
  応え得るのかを模索したい。


  ○講演(総論1)「大学は誰に何を説明するのか-共通性と多様性の両立」
           九州大学教育改革推進本部教授 深堀 聡子 氏

  ○講演(事例1)「岡山大学における「60分授業・4学期制」について」
           岡山大学全学教育・学生支援機構副機構長・教授(特任)佐々木 健二 氏

  ○講演(事例2)「玉川大学の教育改革とキャップ制」
           玉川大学名誉教授・特任教授 菊池 重雄 氏

  ○講演(事例3)「学習の有機的なつながりをつけるユニットプログラムとその実践」
           神奈川工科大学創造工学部教授 金井 徳兼 氏

  ○講演(総論2)「学修時間と単位制度を再検討する:日米の議論から」
           大学改革支援・学位授与機構教授 森 利枝 氏

  討議


4.日 時
  2019年11月18日(月)13:00〜17:25(17:30〜19:00懇親会)

5.会 場
   仙台ガーデンパレス 2F「鳳凰」
       宮城県仙台市宮城野区榴岡4−1−5  TEL 022-299-6211

6.日 程 
    別紙「日程表」を参照

7.参加申込み
   参加を希望される方は、

   Web申込み(https://www.ihe.tohoku.ac.jp/pd/index.cgi?program_num=1567149857)
   又は、別紙「参加申込書」に必要事項をご記入の上、FAX、メール、郵送等により
   お申し込みください。

  ○募集締切:令和元年11月11日(月)到着分まで

8.参加費用
  (1)セミナー参加料は無料ですが、セミナー参加に係る交通費、宿泊費等は全て参加者の
     ご負担とさせていただきます。
  (2)懇親会に出席される方は、会費3,000円を当日会場にて申し受けます。


9.連絡先・参加申込先
       IDE大学協会東北支部事務局(東北大学総務企画部総務課内)
       〒980-8577 仙台市青葉区片平二丁目1−1
       TEL:022(217)4807 FAX:022(217)5906
       E-mail: gen-som@grp.tohoku.ac.jp

ダウンロード:ポスター → 031_tohoku_poster1911
       実施要項、日程表 → 032_tohoku_program1911
       申込書 → 033_tohoku_mousikomi1911
添付ファイル 添付ファイル



九州支部セミナー 令和元年度 第51回 「障害者差別解消法施行後の障害学生支援」

by IDE事務局

 平成28年4月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(以下、「障害者差別解消法」と
略記)が施行されました。各大学においても、障害者への「不当な差別的取り扱い」及び「合理的配慮の
提供」が法的義務ないし努力義務となり、それぞれ組織づくり・体制づくりが進んでまいりました。
 それから3年が経ち、九州地区の各大学での組織づくり・体制づくりがひと段落した際に出てきた諸課題を再度、九州地区で持ち寄り共有して、各大学の運営に活かすことができないか、と企画したものになります。業務、組織、人員、財政、学内部門間連携、大学間情報共有などはどうなっているのか、今後、どうしたら良いのか、基調講演者と設置者別の事例報告を踏まえ、検討していきます。

8.プログラム:
▽開会挨拶 IDE九州支部長 久保 千春(九州大学総長)

▽基調講演(1)
    「障害学生支援と合理的配慮」
     講 師:熊本学園大学 社会福祉学部 東 俊裕 教授

▽基調講演(2)
    「大学における障害学生支援 〜文科省第二次まとめ以後の課題〜」
     講 師:筑波大学 人間系 竹田 一則 教授 


▽事例報告(1)「発達障害学生に対する合理的配慮の決定プロセス
              〜学生が経験的に学ぶことを中心に〜」
       講 師:富山大学 保健管理センター 西村 優紀美 准教授

▽事例報告(2)「長崎大学の事例と課題 〜入学・在学中・卒業後に際して〜」
       講 師:長崎大学 障がい学生支援室 ピーター・バーニック 助教

▽事例報告(3)「西南学院大学における視覚障がい学生の支援体制づくり
               〜大学と当該学生の協働を通して〜」
       講 師:西南学院大学 学生支援部学生課
           牛尾 幸世 保健管理室主幹・保健師
           西南学院大学 文学部英文学科 3年 敷嶋 杏美 さん


▽総括・討議
     進 行:IDE九州支部監事 九州大学 木村 拓也 准教授
         九州大学 立脇 洋介 准教授

     パネリスト:筑波大学 竹田教授、
           熊本学園大学 東教授
           富山大学 西村准教授
           長崎大学 バーニック助教
           西南学院大学 牛尾主幹
           西南学院大学 敷嶋さん

▽閉会挨拶 IDE九州支部常務理事 丸野 俊一(九州大学理事・副学長)

※セミナー終了後、情報交換会<会費3,000円>を開催します。

9.参加申込:機関会員及び大学等においては、所属機関ごとにまとめて、IDE会員及び
  一般の参加者等においては個別に、参加申込書に必要事項を記入の上、郵送又は
  電子メールにて下記宛先までお申込みください。
  ※メールの場合は、件名に「IDE大学セミナー参加申込」であることを明記し、
   参加申込書を添付してください。

10.申込期限:令和元年9月20日(金)まで

11.経 費 等:参加費は無料ですが、会場までの交通費・宿泊費等については、自己負担と
  させていただきます。
添付ファイル 添付ファイル



第51回 中国四国支部セミナー 2019年度「大学とIR―その現状と課題―」

by IDE事務局

【趣 旨】
  近年、IR(Institutional Research)の必要性が喧伝されていることは周知の事実であるが、
 実際のところ、各大学にとってどのようなIRが望ましいのかは、未だに十分な解が得られていない。
  その一因は、各大学の文脈に沿った形で自然発生的にIR需要が高まったわけではなく、むしろ政策
 の一環として大学全体に降ろされてきた点や、アメリカを始めとした諸外国で行われていたIRの輸入
 という形式をとった点などにあると思われる。実際、IRに相当する機能については、大学のこれまで
 の伝統的な活動の中にも根付いていたもの−例えば大学入試と連動した学生募集活動や就職支援など
 −もあるにもかかわらず、IRという「新しい何か」をやらなければならないという強迫観念を持つ
 大学も少なくないし、限られたヒト・モノ・カネ・時間の中で、要求された機能をどこまで新設し
 実働させられるのか、という課題も見られる。特に、私立大学総合改革支援事業の申請のための事実
 上の要件となっている点は、IR機能の表層的形式化を加速しかねない。
  また、今日のIRの推進と一体的に進められようとしている可視化・数値化のための情報処理システ
 ムの導入の動きには、既視感さえ覚える。それは大学設置基準の大綱化と抱き合わせで大学に「評
 価」の必要性が叫ばれた時のことである。「大学評価」の問題化からすでに早や20年以上経つが、
 そのときに併せて推進されたのが国立大学を中心に進められた、評価のための高額な、全学にまたが
 る情報処理・管理システムの導入であった。しかしながらこの動きは、評価のための大層なシステム
 としての「箱」は用意したが、その「箱」に入れるための具体的な情報やデータに関する現実認識を
 欠いたままに構成されているケースも多かった。それゆえに、評価に必要となる有益な分析結果や
 数値を排出するに至ったかは怪しく、システムの議論の改変が繰り返され、それが目的化した感も
 あった。現況のIRも、大学評価がかつてたどった道をたどりかねない様相を呈している点は否めな
 い。
  ただし、IRが無用というわけではない。特に教学IRの推進は、教学ガバナンスとの抱き合わせに
 より、ともすると研究へと傾斜しがちな大学教員を、責任ある教育へと誘導するところに大きな
 価値があった。また、政府による護送船団方式により、設置者を超えて守られていた大学に対し、
 個性化と競争力を自ら高めるための改革や経営感覚そして自助努力を、可視化を通じて高める契機と
 もなった。
  そうすると、元に戻って、「個別大学にとって必要なIRとはなにか」を改めて見つめ直す必要が
 あるのは言うまでもないだろう。各大学の置かれた文脈に寄り添ったIRとはなにかについて、多種
 多様な大学が集って相互に議論を交わしながら、それぞれの適正解を見つけつつ、必要によっては大
 学間連携でのIR構築を見出すなどもあるだろう。本セミナーでは、講演者、事例報告者の話題を共有
 しつつ、そのような場になることを期待してやまない。


1. 主 催    IDE大学協会中国・四国支部及び広島大学

2. テーマ    「大学とIR―その現状と課題―」

3. 期 間    令和元年8月23日(金)13:00〜18:00

4. 会 場    ホテルグランヴィア広島 3階 天平の間
           〒732-0822 広島市南区松原町1番5号(JR広島駅新幹線口)
           TEL:(082)262-1111,FAX:(082)262-4050

5. プログラム  別紙「chugokusikoku_program1908.pdf」参照

6. 参加対象者  IDE大学協会会員
         中国・四国地区の大学,短期大学及び高等専門学校の教職員

7. 申込等
  ・参加希望者は,8月19日(月)(必着)までにIDE中国・四国支部事務局あてメールにて
   下記記載事項を記入のうえ,お申し込み下さい。後ほど事務局から返信メールを送付いたし
   ますのでご確認下さい。
   なお,2人以上でお申し込みされる場合は,「chugokusikoku_sanka1908.xls」をご活用いた
   だき,下記の申込先へメール(件名:「IDE大学セミナー申込み」)で送付してください。

  ・メール記載事項
   (件名)「IDE大学セミナー申込み」
   (1)所属,職名,氏名(ふりなが),住所,連絡先(電話,メールアドレス)
   (2)会員種別(会員(機関・維持・学生),一般(会員以外)の別)
   (3)懇親会(18:00〜19:30)の出欠

  ・申込先 e-mail:soumu@office.hiroshima-u.ac.jp

  ・問い合わせ先 広島大学財務・総務室財務・総務部総務グループ内
          IDE中国・四国支部事務局
          TEL:(082)424-4474

8. その他
  ・セミナー参加費 … 無料

  ・懇 親 会 費 … 4,000円(機関会員,維持会員,一般の方)、2,000円(学生会員)
   (当日受付にてお支払いください)

  ・宿泊・交通費等 … 各自で手配及びご負担願います。
    ※ 参考 ホテルグランヴィア広島
         〒732-0822 広島市南区松原町1番5号(JR広島駅新幹線口)
         TEL:(082)262-1111
  
  ・参加者多数の場合は,先着順とさせていただきます。

  ・お申し込みの際にお知らせいただいた情報は,本セミナーに関する連絡,次回セミナーの
   案内のために利用いたします。


添付ファイル→「061_chugokusikoku_kikaku1908.pdf」企画書&プログラム
       「062_chugokusikoku_poster1908.pdf」ポスター
       「063_chugokusikoku_sanka1908.xls」参加申込書
添付ファイル 添付ファイル



北海道支部セミナー 令和元年度「学修成果の可視化をめざして」

by IDE事務局

1.趣 旨
   平成30年4月から施行された認証評価に関する省令の改正では,大学評価基準に定める項目の
  うち,内部質保証に関することについて,重点的に認証評価を行うものとすることが定められて
  います。次の大学機関別認証評価の重要な評価基準となることからも,教育の内部質保証に係る
  取組のひとつとして,アセスメント・ポリシーの設定等による学修成果の可視化が求められて
  います。
   今年度のIDEセミナーでは,アセスメント・ポリシーを積極的に導入している国内の事例を
  学ぶとともに道内の動向も紹介し,今後の各大学の活動の参考となるよう企画しました。各大学
  で教育成果の可視化をいかに実現するか,セミナーから今後の指針を得たいと思います。

2.テーマ 「学修成果の可視化をめざして」

3.主 催 IDE大学協会北海道支部・北海道大学共催

4.日 時  令和元年8月30日(金)13:00〜 受付
                 13:25〜 開会
5.場 所 ホテル札幌ガーデンパレス
          札幌市中央区北1条西6丁目 TEL 011-261-5311
6.内 容
  (1)特別講演1(13:30〜14:15)
     「岩手大学の試み:e-ポートフォリオの活用」
          岩手大学 教育推進機構 准教授  江 本 理 恵

  (2)特別講演2(14:15〜15:15)
     「学修ポートフォリオの運用と課題
         −SOJOポートフォリオシステムの構築をとおして−」
          崇城大学 総合教育センター 教 授  藤 本 元 啓

  (3)シンポジウム(15:30〜18:00)
      テーマ「北海道における可視化の展開」
          司会:北海道大学 高等教育推進機構 教授 細川 敏幸

    シンポジスト
      「アセスメント・ポリシーの導入」
          帯広畜産大学 人間科学研究部門 講師 斉藤 準

      「札幌学院大学のIRの取り組み」
          札幌学院大学 経営学部経営学科 教授 石川 千温

      「国立高専における教育の質保証の取組み」
          苫小牧工業高等専門学校 創造工学科 教授・副校長 村本 充

      「アセスメント・チェックリストの利用」
          北海道大学 高等教育推進機構 教授 細川 敏幸

7.申し込み方法
    参加は無料です(懇親会は有料)
    参加申込書に記入のうえ8月21日(水)までにIDE大学協会北海道支部宛に送付願います。

  お問い合わせ・お申し込み先
  IDE大学協会北海道支部
  (北海道大学学務部学務企画課総務担当)
  TEL:011-706-7461 FAX:011-706-7854
  E-mail:ide-hokkaido[at]general.hokudai.ac.jp


ファイルダウンロード
   ポスター → 0021_hokkaido_poster1908.pdf
   申込書 → 0022_hokkaido_mousikomi1908.doc
添付ファイル 添付ファイル



近畿支部 セミナー 2019年度「アート思考と大学教育 −イノベーション人材育成を目指して-」

by IDE事務局

主催:IDE 大学協会近畿支部

【企画趣意】
  科学技術イノベーションの基盤的な力の強化のためには、主体的に問いを立て、ビッグデータに
  向き合い、パラダイムシフトを実現できる人材育成が重要であることについて異論はないであろ
  う。この人材育成に資する大学教育実現のために、アート思考が注目されている。ビジネスの
  分野では、既にアートの発想が重視されている。ソニーにおいて、東京藝大出身で声楽家の大賀典
  雄を社長に迎え、特にオーディオのディジタル化に革新的偉業を達成したことは特筆すべきことで
  ある。

  アート思考とは、デザイン思考にアートの発想を取り入れたものである。デザイン思考とは、ビッ
  グデータ分析を通じた顧客のニーズ調査だけに頼らず,現場の観察からニーズを調べてデザイン
  することである。アメリカのミシガン州立大学生理学教授、アメリカのミシガン州立大学生理学
  教授、Root-Bernsteinによるとノーベル賞受賞者には、ほかの科学者や一般の人々に比べて、
  アート関連の趣味を持つ人がほぼ3倍であった。また、絵画・彫刻などの視覚芸術を趣味にして
  いる人たちは、ノーベル賞受賞の確率が7倍になっており、写真は8倍、演劇・ダンス・奇術などの
  パフォーマンスは22倍であると報告されている。

  アメリカの教育において、ハイテク職種の技術者養成や移民教育で重要な役割を果たす  
  STEM(Science, Technology, Engineering, Math) にアート(Art)思考が加わったSTEAMに基づく
  カリキュラムが設計され、活用されはじめている。STEAM教育の実践は、初等教育にも及んでい
  る。たとえば、アメリカの小学校では、科学的方法の学びにダンスをとり入れているところが
  ある。

  以上のように、現在、大学教育において、アート思考の重要性が注目されるようになったが、
  各大学において、STEAM教育を構築するには、どうすべきであるのか、いくつかの問いを提起
  したい。

  1.大学において、STEAM教育を導入するうえでのメリットは何か?
  2.既存の授業との関連性が明確であるようにSTEAM教育を構築するうえで、何が課題か?
  3.STEAM教育を評価するにはどのようにすればよいか?

  ここでは、各大学での課題や取り組み、学生の経験について報告を聞くこととしたい。



1.日 時: 2019年8月19日(月) 13:30〜17:40

2.場 所: 京都大学国際科学イノベーション棟 西館5階 シンポジウムホール

3.テ−マ:「アート思考と大学教育 −イノベーション人材育成を目指して-」

4.話題提供:

    1) 美術・デザインを学ぶこと
         須永 剛司先生(公立はこだて未来大学 特任教授)

    2)アートとデータサイエンスの創造
         伊東 順二先生(東京藝術大学社会連携センター 特任教授)

    3)相互理解と創造性をはぐくむSTEAM 教育
         原木 万紀子先生(立命館大学共通教育推進機構 特別招聘准教授)

    4)セッション参加が促進する協働
         原市 喬大さん(京都大学総合人間学部1回生)

    【全体討議】
     ※終了後、懇親会を開催します

5.参加申込について

  無料(要申し込み)(※懇親会/ 会費:3,000 円  場所:イノベーション棟東館1階ラウンジ )

  参加申込方法: 
   「氏名、連絡先、所属名、職名、懇親会の出欠」を明記し、電子メールかFAX でお申込み
    ください。

  参加申込先: 〒606-8501 京都市左京区吉田本町
         京都大学総務部広報課付 IDE 大学協会近畿支部事務局
         TEL /(075)753-2070 FAX /(075)753-2094 
         E-mail / ide_seminar@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp


※ファイルダウンロード
 ポスター → 0051_kinki_poster1908.pdf
 企画趣意 → 0052_kinki_kikaku1908.pdf
添付ファイル 添付ファイル



東海支部セミナー 令和元年度「なぜいま、大学間連携なのか−いかに取り組むか」

by IDE事務局

IDE大学協会東海支部 令和元年度 IDE大学セミナープログラム


1.日 時: 令和元年 8月23日(金) 13:30〜17:00
2.場 所: 名古屋大学野依記念学術交流館カンファレンスホール
3.テ−マ: 「なぜいま、大学間連携なのか−いかに取り組むか」


(12:30〜13:30  IDE大学協会東海支部総会,昼食)

13:30〜13:40  開 会,支部長あいさつ
            IDE大学協会東海支部長代理・名古屋大学理事・副総長  藤巻 朗

                〔司会:名古屋大学副総長  佐久間 淳一〕

13:40〜14:30  講 演
            「大学コンソーシアム京都の大学間連携の取り組み」
               龍谷大学副学長
              大学コンソーシアム京都運営委員長  白石 克孝

14:30〜15:30  話題提供
               文化庁文化資源活用課文化遺産国際協力室長  石橋 晶
               放送大学愛知学習センター所長  氏家 達夫
               愛知大学経済学部教授  栗原 裕
            
15:30〜15:50 休憩

15:50〜17:00 討論(パネルディスカッション)

17:00       閉会

17:10〜18:00 懇親会


4.申込み方法
  参加申込書をダウンロードし,ご記入の上,8月9日(金)までにEメールまたはFAXにより,
  IDE大学協会東海支部事務局あてにお申し込み下さい。

5.参加費用
  大学セミナー及び懇親会ともに参加無料です。

6.問合せ先:〒464-8601 名古屋市千種区不老町
        名古屋大学総務部総務課内
    
     IDE大学協会東海支部事務局:担当 水谷
      Tel:052−789−2009
      Fax:052−788−6272
      Mail: ide-tokai@adm.nagoya-u.ac.jp


※ダウンロード
 プログラム&会場地図 → ファイル名「0041_toukai_program1908」
 申込書 → ファイル名「0042_toukai_mousikomi1908」
添付ファイル 添付ファイル



【終了】2018年度 IDE高等教育研究フォーラム 「私立大学のガバナンス」

by IDE事務局

IDE大学協会・千葉大学 共催

1.日 時: 2019年3月28日(木)15:00〜18:00

2.場 所: 一橋大学一橋講堂



【終了】東北支部セミナー H30年度「大学と社会との対話 ─産学官出身3学長が語るビジョン─」

by IDE事務局

1.日 時: 2018年11月19日(月)13:00〜17:25(17:30〜19:00懇親会)

2.会 場:仙台ガーデンパレス



【中止】北海道支部セミナー H30年度「学修成果の可視化をめざして」

by IDE事務局

北海道支部では、この度の災害の影響を考慮し、2018年9年14日(金)に予定しておりました 
IDE大学セミナー「学修成果の可視化をめざして」の開催を中止することになりましたので、
お知らせいたします。



【終了】近畿支部 セミナー H30年度「ダイバーシティが切り拓く大学教育」

by IDE事務局

1.2018年8月24日(金)13:00〜17:40

2.京都大学楽友会館2階 会議・講義室



>>