出版物紹介




RSS

Ringworld

<< IDE 現代の高等教育 >>

■IDE現代の高等教育 NO.626               2020年12月号(12月1日発行)「ガバナンス・コードとは」

by IDE事務局


  【巻頭言】 大学はどのように論じられるべきか 廣渡 清吾
《今月のテーマ: 「ガバナンス・コードとは」》
 

大学のガバナンス・コードとは

大崎  仁

  大学ガバナンス・コードとは何か 両角亜希子
 

国立大学ガバナンス・コードの功罪

大西  隆
  ガバナンス・コードが日本の私立大学にもたらす影響

渡部 直樹

  国立大学法人ガバナンス・コードの制定について 山崎 光悦・半井野浩明
  『私大連ガバナンス・コード(第1版)』の策定とその目指すもの 郭  洋春
  私立大学版ガバナンス・コードの策定とその経緯について 水戸 英則
  企業人からみた大学のガバナンス・コード 北城恪太郎
  会社法から見た大学のガバナンス 野村 修也
  2019年(令和元年)私立学校法改正とガバナンス改革 松坂 浩史
《時の課題》 コロナ禍の高等教育国際化とデジタル化 米澤 彰純
     
   

【海外大学最新事情】 デジタル時代におけるイングランドのコロナ対応

古阪  肇

【Book Review】 川崎 成一 著『市場化時代の大学経営分析』

西井 泰彦
【Book Review】 戸田山 和久 著『教養の書』 藤垣 裕子
【一滴】 コロナ禍における高等教育研究  
【研究ノート】 増谷 文生
2020 年度IDE大学セミナー報告 IDE東海支部

 

 




<< >>