出版物紹介




RSS

Ringworld

<< IDE 現代の高等教育 >>

■IDE現代の高等教育 NO.618               2020年2-3月号(2月1日発行)「高等教育の『無償化』を問う」

by IDE事務局


  【巻頭言】 高等教育は誰が負担するべきか 越智 光夫
《今月のテーマ: 「高等教育の「無償化」を問う」》
 

高等教育の無償化を問う

小林 雅之

  「無償化」を問う 金子 元久
 

私立大学からみた「無償化」の論点

鎌田  薫
  実務からみた「修学支援新制度」の課題

大谷 圭介

  経済学から見た高等教育無償化政策 赤林 英夫
  見えてこない高等教育機会への「無償化」の効果 吉川  徹
  無償化の違和感 横山晋一郎
  米国の奨学金をめぐるポリティクス 岸本 睦久
  イングランドの授業料・生活費支援政策 芝田 政之
  フランスの大学の学生納付金:準無償制を巡って 大場  淳
  中国の授業料:有償化と経済支援 王   帥
  韓国の大学授業料「無償化」と大学の自律性の危機 松本 麻人
   

【Book Review】 天野 郁夫 著

             『新制大学の時代 ─日本的高等教育像の模索─』

大崎  仁
【Book Review】 佐藤 靖 著 『科学技術の現代史』 磯谷 桂介

【一滴】大学の質保証を考える

 
【取材ノートから】 増谷 文生
2019年度IDEセミナー報告 IDE北海道支部
「IDE現代の高等教育」主要記事もくろく(2019年4月号〜 2020年2-3月号)  

 

 




<< >>