出版物紹介




RSS

Ringworld

<< IDE 現代の高等教育 >>

■IDE現代の高等教育 NO.615               2019年11月号(11月1日発行)「教育と研究の間」

by IDE事務局


  【巻頭言】 社会変革の源泉として 永田 恭介
《今月のテーマ: 「教育と研究の間」》
 

教育と研究の間にあるものは?

長谷山 彰

  教育か研究か 金子 元久
 

高等教育における教育と研究の両立

三島 良直
  教育と研究の間:大学院をめぐる現在の状況について

長谷川眞理子

  大学の組織と教育・研究機能 阿曽沼明裕
  教育と研究をめぐる教員の意識 両角亜希子
  大学教員の時間配分 富澤 宏之
  イギリス大学政策の教育・研究分離 大崎  仁
  フランスの大学における教員の働き方改革 夏目 達也
  ドイツの高等教育における教育と研究をめぐって 長島 啓記
  歴史の中の教育・研究・大学院 天野 郁夫
   
【時の課題】 《大学評価と資金配分》  
    国立大学運営費交付金の配分と指標・評価 林  隆之
    人文系の評価の課題 木部 暢子

【Book Review】 豊田 長康 著 『科学立国の危機』

阿曽沼明裕
【Book Review】 増田 直紀 著 『海外で研究者になる』 宮田由紀夫
【一滴】 教育のバトン  
【取材ノートから】 横山 晋一郎
IDE大学協会 2018年度決算報告  

 

 




<< >>