出版物紹介




RSS

Ringworld

出版物新着情報 >>

IDE-現代の高等教育

by IDE事務局



発 行 日 : 毎月1回1日発行
発行サイクル : 年10回(合併号 年2回)
版     型 : A5(縦210mm×横148mm)
ペ ー ジ 数 : 84ページ
定     価  : 1,100円(税・送料込) ※2014年4月1日




■IDE現代の高等教育 NO.629               2021年4月号(4月1日発行) コロナ禍と新入生受け入れ

by IDE事務局


  【巻頭言】コロナ禍で加速する社会の変化と国立大学の役割 松尾 清一
《今月のテーマ: 「コロナ禍と新入生受け入れ」》
 

コロナ禍における大学の対応

山口 淳二

  コロナ禍と新入生受け入れ 合田 隆史
 

コロナ禍における新入生の受入れと学びの確保

益  一哉
  「ウィズコロナ」時代の新入生を迎えるにあたり

阪本  浩

  コロナ禍と新入生受け入れ 矢口 悦子
  コロナ禍における昭和薬大の新入生受け入れ 山本 恵子
  つながりを実感できるキャンパスライフに向けて 仲谷 善雄
  コロナ禍での気づきと新入生受け入れ 飯田  毅
  神戸親和女子大学における新入生の受け入れ 三井 知代
  流通科学大学におけるコロナ禍の中の新入生受け入れ 藤井 啓吾
  COVID-19 の先にある大学の姿 伊東 千尋
  福岡工業大学における新入生受け入れの取組 下村 輝夫
  コロナ世代をどう育てるか 金子 元久
《時の課題》  
  地域連携プラットフォーム構築に関するガイドライン 堀家 健一
   

【調査報告】 コロナ禍は大学を変えるか

 ─『ひらく 日本の大学』調査結果から─

増谷 文生

【Book Review】 伊藤 実歩子 編著『変動する大学入試』

南部 広孝
【一滴】 学問の自由と大学のガバナンス  
【取材ノートから】 横山晋一郎
2020 年度IDE大学セミナー報告 IDE東北支部
   




■次号予告 IDE現代の高等教育 NO.630        2021年5月号(5月1日発行) 「リカレント教育の新局面」

by IDE事務局

  リカレント教育の新局面・ 金子 元久
  メンバーシップ型社会のねじれたリカレント教育 濱口桂一郎
 

大学院におけるリカレント教育

鈴木 久敏
  産業界からみたリカレント教育

宮田 一雄

 

女性のためのリカレント教育・

坂本 清恵
  高知大学の地域連携 櫻井 克年
  上智大学プロフェッショナル・スタディーズ

曄道 佳明

  国際化サイバーセキュリティ学特別コースCySec

寺田 真敏

  リカレント教育としての大学通信教育 高橋 陽一
  大学・大学院が社会人学習者から選ばれる存在となるために 乾 喜一郎
  大学におけるリカレント教育に関する制度整備の変遷等について 一色 潤貴
  米国の成人教育の新たな潮流:マイクロクレデンシャル

溝上智惠子

  フランスの成人教育の新局面

夏目 達也

     
  ※タイトルは仮題です  
  ●IDE現代の高等教育 バックナンバーのご紹介  
  2000年以降は左タグのバックナンバー検索をご利用ください  
 

・↓1999年以前は、下記PDFをダウンロードしてください

 



添付ファイル 添付ファイル



>>