出版物紹介




RSS

Ringworld

出版物新着情報 >>

IDE-現代の高等教育

by IDE事務局



発 行 日 : 毎月1回1日発行
発行サイクル : 年10回(合併号 年2回)
版     型 : A5(縦210mm×横148mm)
ペ ー ジ 数 : 84ページ
定     価  : 1,000円(税別・送料込) ※2014年4月1日




■IDE現代の高等教育 NO.624               2020年10月号(10月1日発行)「コロナ禍の中の大学」

by IDE事務局


  【巻頭言】 逆境を,創造を灯す光に。 橋 裕子
《今月のテーマ: 「コロナ禍の中の大学」》
 

コロナ禍を越えて進化をめざす

田中 愛治

  コロナ禍と大学 武田  廣
 

コロナ禍が大学に示唆したこと

上野  淳
  コロナ禍に対する近畿大学としての対応

細井 美彦

  コロナ禍の広島,音楽大学の取組み 川野 祐二
  ウィズコロナの大学事務 里見 朋香
  山梨大学におけるCOVID-19 への対応 袖山 禎之
  千葉商科大学におけるコロナ禍への対応 露崎  洋
  大学職員の在宅勤務 杉原  明
  国立大学協会におけるコロナ禍への対応 戸渡 速志
  新型コロナウイルス感染症への公立大学協会の対応 鬼頭  宏
  コロナ禍に対する私立大学連盟の対応と主張 坂下 嬢子
  コロナ禍に対する日本私立大学協会の対応とこれからの展望 小出 秀文
  コロナ禍における世界の高等教育の動向 佐藤 邦明
  新型コロナ感染症への文部科学省の対応について 牛尾 則文
  コロナ禍で見えたこと

金子 元久

   

【一滴】 ウイルス禍は業務改革の好機

 
【海外大学最新事情】  韓国の専門大学改革計画 田中 光晴

【Book Review】 有本 章 編著『大学教授職の国際比較』

岩田 弘三
【Book Review】 苅谷 剛彦,吉見 俊哉 著『大学はもう死んでいる?』 大森不二雄
【Book Review】 中島 英博 著『大学教職員のための大学組織論入門』 両角亜希子
   
【研究ノート】 取材ノートから 増谷 文生
IDE大学協会 第120 回理事会報告  

 

 




■次号予告 IDE現代の高等教育 NO.625        2020年11月号(11月1日発行) 「大学の教育改革−再考」

by IDE事務局

  大学教育改革 ―再考 金子 元久
  大学の授業はどう変化したのか 濱中 義隆
 

授業方法と学習時間のスパイラル

小方 直幸
  アメリカにおける大学教育改革批判

福留 東土

 

元記者の見た大学の教育改革

松本 美奈
  教学マネジメント指針 ―実質化に向けての課題― 日比谷潤子
  マネジメント改革と大学の現場

両角亜希子

  北陸大学経済経営学部の経験と課題

山本 啓一

  立教大学経営学部の経験と今後に向けて 山口 和範
  日本文理大学の経験と課題 吉村 充功
  高知大学地域協働学部の経験と課題 大石 達良
     
  ※タイトルは仮題です  
  ●IDE現代の高等教育 バックナンバーのご紹介  
  2000年以降は左タグのバックナンバー検索をご利用ください  
 

・↓1999年以前は、下記PDFをダウンロードしてください

 



添付ファイル 添付ファイル



>>